PR

トラリピ設定EUR/GBP(ユーロポンド)編 2024.1.25

トラリピ設定

トラリピ世界戦略でも選ばれているEUR/GBP、

人気の通貨ペアのひとつですが設定を変更しました。

私のトラリピ運用方針は

  • 分散投資
  • 低リスク運用
  • 長期運用

なんですが、今回は「低リスク運用」ではなくなっていたので設定を見直しました。

スポンサーリンク

EUR/GBP今までの設定

今までの設定は鈴さんのワイドレンジ戦略の売りトラップだけをしかけていました。

  • 0.808~0.994の売りトラップ
  • トラップ本数:18本(トラップ値幅80pips)
  • 利益幅:70pips
  • 割り当て資金:20万円

レンジ下抜け時は運用停止、レンジ上抜け時は損切りという運用方針でした。

ですがレンジ下限からポジションを持った場合、レートが0.899に達した段階でロスカットが発生します。

円安ポンド高の影響もありますが、トラリピの証拠金の仕組みが少し違う事がわかったからです。

マネースクエア公式HPより

調べてみると2019年の5月から変更になったようです。

本来レートが変動してもすでに持っているポジションの必要証拠金は変化しないのですが(画像の「従来のルール」)

トラリピでは持っているポジションの必要証拠金もレートに応じて変動する(画像の「新ルール」)ようです。

これにより

  • 売トラリピの
  • レートが上昇したら
  • 全てのポジションの必要証拠金が増え
  • ロスカットレートが近くなる

詳しくはココさんのブログ「ココブロ」に書いてあります、良かったら見て下さい。

【FX】トラリピの必要証拠金の計算方法 - ココブロ
知っているようで実は知らない!? 運用試算表には表示されない、「裏の必要証拠金」!?

割り当て資金も少なかったのですが、

この必要証拠金のリアルタイム変動と、ポンド高の影響、最近の値動きの小ささも加味し

EUR/GBPの設定を変更するに至りました。

スポンサーリンク

変更後の設定

設定の変更にあたっての考え

  • レンジを狭く
  • トラップ幅、利益幅は広く
  • 割り当て資金は変えない

変更した設定は

  • 0.825~0.925の売りトラップ
  • トラップ本数:11本(トラップ値幅110pips)
  • 利益幅:110pips
  • 割り当て資金:20万円

上記のとおりとなります。

現在のトラリピ資産が約105万円なので130万円になったら、

55pipsずらして同じ設定をもう1セット追加します。

非常にゆったりとした設定ですが、リスクを低く抑える(損切り金額を少なく)するための変更となります。

また、設定変更時に持っていたポジションは決済しました。

まとめ

  • 0.808~0.994の売りトラップ⇒0.825~0.925
  • トラップ本数:18本(トラップ値幅80pips)⇒11本
  • 利益幅:70pips⇒110pips
  • 割り当て資金:20万円⇒変更なし

以上のように変更しました。

収支の結果は、週次報告で毎週ご報告いたします。

以上、トラリピ設定EUR/GBP編 2024.1.25

でした。

タイトルとURLをコピーしました