PR

PayPay証券米国株投資 6ヶ月目の運用報告

paypay証券米国株運用 PayPay証券

PayPay証券の米国株投資をブログで公開していきます。

運用を始めて6ヶ月が経過しました、評価額はどのように変化したのか?配当金は?

早速みていきましょう。

スポンサーリンク

PayPay証券米国株投資のルール

投資ルールは以下の通り。

  • 毎月末に1万円入金
  • 10銘柄を1,000円ずつ購入(銘柄は今のところ固定)
  • 配当が1,000円貯まるごとに再投資
  • 半年に1度リバランス
  • 大暴騰、大暴落があれば都度リバランス

リバランスに関しては投資金額が少ない内は、数百円程度の動きになるのでやりません。

経過をみながらゆるりと投資をしていきます。

スポンサーリンク

PayPay証券での購入銘柄

購入銘柄は米国株9銘柄+TMFです。

  1. MMM(スリーエム)
  2. IBM(IBM)
  3. JPM(JPモルガン・チェース)
  4. MO(アルトリア・グループ)
  5. XOM(エクソン・モービル)
  1. CPB(キャンベル・スープ)
  2. KO(コカ・コーラ)
  3. PG(プロクター・アンド・ギャンブル)
  4. VZ(ベライゾン・コミュニケーションズ)
  5. TMF(Direxion20年超米国債ブル3倍)

なんの捻りもない10銘柄ですが、セクターや配当月の分散はしっかりできていると思っています。

今月の配当金:98円

6月は3銘柄で計98円の配当金、分配金が入金されました。

  • IBM:36円
  • XOM:33円
  • MMM:29円
ティッカー保有株数前回の
配当金
今回の
配当金
累計
配当金
MMM0.40503232952
IBM0.22177163652
JPM0.211632020
MO0.925775555
XOM0.36033163349
CPB0.885912727
KO0.645751818
PG0.247142026
VZ0.968455050
TMF0.736401414
合計98363

今までの配当金と4月のMMMのスピンオフ入金を含め、現金が1,000円を超えました。

評価額一覧

時価総額は6月29日(土)時点のものとなります。

  • 入金額:60,000円
  • 評価額:64,382円 7.3%Up
  • 現金:1,087円(以前使用していた時の残高+配当金+スピンオフ入金)
  • 資産総額:65,469円 (評価額+現金)
ティッカー投資元本
(円)
評価額
(円)
MMM5,4886,608+20.40%
IBM6,0006,115+1.91%
JPM6,0006,828+13.80%
MO6,0006,730+12.16%
XOM6,0006,614+10.23%
CPB6,0006,381+6.35%
KO6,0006,540+9.00%
PG6,0006,497+8.28%
VZ6,0006,370+6.16%
TMF6,0005,699-5.01%
合計59,48864,382
※MMMはスピンオフによる分離のため、投資元本が減っています
  • 評価額の増減は気にしない
  • 少々の減配は気にしない
  • ポートフォリオは全銘柄10%に調整していく

こんな感じでゆるくやっていきます。

半年ごとのリバランス

今回は最大と最小の評価額の差が1,000円程度のため、リバランスはやりません。

7月の購入銘柄

7月も全銘柄を1,000円ずつ均等に購入していき、配当金でTMFを1,000円分追加購入します。

ここでpaypay証券の最大のデメリットである在庫不足が発生。

少し様子をみますが、場合によってはTLT(iシェアーズ米国国債20年超)に変更するかも知れません。

PR

PayPay証券は1000円から株式やETFを取引できて、私のような少額投資をするのにたいへん便利なのですが、銘柄の詳細やチャートが非常に見づらいのが難点なんです。

そんな時に便利なのがmoomoo証券

       ▽口座開設はコチラ▽
moomoo証券

チャートはもちろん配当金の推移や配当利回りなども簡単に見る事ができ、銘柄の分析も詳細に記されています。

PayPay証券での株式運用に是非役立てて下さい。

以上、PayPay証券米国株投資 6ヶ月目の運用報告

でした。

タイトルとURLをコピーしました